• HOME
  • 理想建築研究所 第5回 東京タワー meets 理想建築研究所

2008年3月21日

第5回 東京タワー meets 理想建築研究所

Monthly Pickupに登場していただいた竹中工務店・川俣圭一郎さんを迎えての東京タワー談義の模様をお伝えします。Monthly Pickupで掲載しきれなかった東京タワーについての疑問、そして東京タワーの今後とは——。

これが最新塗装ロボット・リエロボだ!
リエ画伯入魂の作品

アキラこ、これは、なに?
リエ私が考えたリエロボです。すごいでしょ!コレが完成したら世界は変わりますよ!!
アキラ
川俣さん確かにこんなロボットが出来たら便利かもしれないですね
アキラそんな無理して褒めなくてもイイですよ…
リエえーなんでですか!? イイじゃないですか! ねー、川俣さん♪
川俣さんははは。色々と現実離れした所もありますが、将来こんなロボットが人間の代わりに作業をしてくれれば危険な事故の可能性はぐっと減りますからね。現場を管理する人間としては現実になると嬉しいですよ
リエほら〜!(ニヤニヤ)
アキラん〜、リエ研究員の意気込みは認めよう。じゃ他に誰か
川俣さん実は今回、新たな道具として開発を試みたものがあるんです
リエもしかして、カワマタロボですか!
ヒライそれはどんなものなんですか?
川俣さんそうですね。分かりやすくいうと、野球場とかで売り子さんが背負っているビールタンクのようなものがあるじゃないですか?
ユーカ東京ドームとかでよく見かけるアレですね?
川俣さんそうです。あんな感じで塗料を入れたタンクを背負って、それとハケをチューブのようなものでつなげて塗装を行ってみたらどうだろうって考えたんです
アキラほほ〜う。で実際に試してみてどうでしたか?
川俣さん開発段階なので、すぐに実用化できるかはなんともいえないですが、手が自由になるという点では、作業員の安全を第一に考えれば成功とはいえるんじゃないでしょうか。ただ、背中のタンクが足場などに引っかかる恐れもありますし、まだまだ改良や検証の余地は多々あるといった感じですね
アキラなるほど。いくら作業がラクになるとは言え、現場の場合は慣れない道具を身に付けるだけでも、業務に集中できなかったりしますからね。とくに高所の場合は大事故につながる可能性も高いですし
川俣さんそうなんですよ。そういったバランスや使い勝手を調整しながら改良していきたいですね。なんといっても職人さんたちの安全が最優先ですから。慎重に進めていかないと。
アキラでも、問題点がクリアされれば本格的な導入もあるうるってことですよね?
川俣さんまあ、そうですね。ただ、その時に僕が担当しているかは分かりませんが(笑)
リエもし導入されたら、やっぱりカワマタマッシーンって名前にしましょうよ!あっ、でも私のがリエロボだから、そうすると名字じゃなくて、名前の方が…!
アキラ……(怒)。カワマタさん、本当にスミマセン……。
川俣さんいえいえ(笑)
アキラじゃ、リエ研究員はほっといて、他に誰かある?
ヒライはい。では僕が。2011年に完成予定の新東京タワー(仮称)が有るじゃないですか
ユーカ通称すみだタワーですね
ヒライそうそう。その新しいタワーが完成し、電波塔としての役目の世代交代後、東京タワーはどうなるのか調べてみたんです
アキラ気になるね、それ
ヒライ正直なところ、電波塔としては楽観視できない状況なのですが、多くの日本人にとって東京タワーは無くてはならない存在になっていると思うんです
リエ私もそう思います。なんてったってモスラがの幼虫がサナギになったスゴイ場所ですよっ!
アキラ確かに!(笑)
ヒライ建築物が造られて役目を終えたら、はいそれまで。ってのは違う筈なんですよね
ユーカうんうん
ヒライそこで幾つかの事例をまとめてみました
名古屋テレビ塔

イメージの刷新を図り観光名所・デートスポットとして再生
レストランや土産売場があったフロアを改装し、名古屋の名所や放送文化を紹介するコーナーも設置。また名古屋を中心としたレストラン運営会社、ゼットンによる高級志向なレストラン「The Tower Restaurant Nagoya」がオープン。

>>名古屋テレビ塔公式サイト
>>The Tower Restaurant Nagoya

横浜マリンタワー

行政的援助による観光施設化
運営会社が経営悪化を理由に営業終了するも、横浜市が中心となり「マリンタワー再生事業」がスタート。横浜開港150周年の2009年春に向けて再開準備中

>>横浜市による市民アンケート

エッフェル塔

2転3転する用途の変化
元々はフランス革命100周年を記念したパリ万博の為に建設されたが、第一次大戦時に無線電波を送信するための国防上重要な建築物としての役割を果たした。現在はミシュランガイドで一つ星のレストランなどもあり観光地としてはもちろんのこと、1991年にはセーヌ川を含め世界遺産として認定され世界に愛される存在になっている

香川・ゴールドタワー

行政的援助による観光施設化
観光目的で作られた展望塔だが、当初の見込みよりも大幅に集客が少なく、2001年9月に営業中止。その後、プレイパークゴールドタワーとして完全な地域密着型のアミューズメント施設として営業再開。施設内のアトラクションを15分105円で遊び放題という内容が受けている

>>プレイパークゴールドタワー

ヒライ名古屋タワーはイイ展開を見せていると思いますね
アキラそうだな。今時の子供は記念コインとかあまり有り難がらないだろうし、ちょっと大人向けの方向転換ってのは個人的にも大歓迎だね
リエ蝋人形館だけは絶対残して欲しいな…
ユーカマリンタワーも横浜市のアンケート調査を見る限り、テレビ塔と同じような展開になりそうですね
ヒライエッフェル塔の世界遺産というポジションはある意味究極ですよね
アキラだな。日本はまだまだ世界遺産になっている所が少ないしな。にしても、ゴールドタワーは知らなかったな
ヒライ香川のゴールドタワーは元々が純粋な展望塔として建設されているので、ちょっとニュアンスは違うんですけど、面白い例だったので載せてみました。観光客をあてにしない地域密着型というのがポイントですね
ユーカ地方ではこういった複合アミューズメント施設が人気ですもんね
リエ…あ! でもまだ地デジの電波塔の機能が新しいタワーに移るって決まってないんですよねっ!
アキラん。あぁ、まあね
リエじゃぁ蝋人形館はまだ安泰かも!
アキラそれかよ!
ヒライ流れ的には新しいタワーになっていますが、実際、地上デジタル放送に関しては、現在の東京タワーでも全く問題ないんですよ
ユーカそうなんですか?
ヒライええ。新しいタワーになることで、携帯などのワンセグ放送は電波状況が多少良くなるんですけど、家庭のテレビで見る地デジに関しては変わらないらしいです。地域によっては影響の大きいところもあるとは思いますが
川俣さんあのー。イイですか?
アキラあ、はい。すみません僕たちだけで盛り上がっちゃって
川俣さんいえいえ。気にしないでください(笑) やっぱり東京タワーがこの日本に影響を与えてきた事って沢山あると思うんです。僕にとっては今後、仕事として関わらなくなっても東京タワーは大切な存在なんです。しかし世の中の流れで変化を迫られているという現実もあり、今後どのように変化していくのかは分かりませんが、僕たちをはじめとしたゼネコンや理想建築研究所の皆さんたちが真剣に建築について考え、取り組むって事がすごく大事なんだと思います
一同
川俣さんだから今回の様な企画は今後も続けて欲しいですね
アキラありがとうございます。良い感じに締めてもらっちゃいましたね(笑)
リエなんかやる気出てきました!
ユーカ建築物は作っただけで終わりじゃないですもんね
ヒライお話をうかがい、僕も一級建築士として東京タワーに匹敵する様な、いつまでも皆に愛される建築物を設計したいと改めて思いました
アキラいいねー。じゃぁ今日はこんな所にしておきますか。次会のミーティングでのネタ、みんな考えておいてね
リエはいはい!蝋人形館がイイと思います!!
一同それはもうイイから!(笑)
アキラでは川俣さん、本日はありがとうございました
川俣さんこちらこそ。また機会が有れば呼んでください
一同ありがとうございましたー

前のページ

※記事中のデータ、人物の所属・役職は掲載当時のものです。

«第4回 日本建築を考える | 最終回 理想建築研究所 多目的経営を考える »

建設WALKERエージェント─建設業界、一人で迷っている人へ─専任アドバイザーが転職活動を徹底支援!サイト掲載前の非公開求人情報も豊富です!