• HOME
  • 池田建設(株) 代表取締役 古賀智道氏
「働く」建設WALKER×日刊建設工業新聞社

2012年10月26日

池田建設株式会社 代表取締役

古賀 智道

2012年3月に(株)ZENホールディングス(東京都千代田区)の完全子会社となった池田建設株式会社(東京都港区)。 1931年の創業から80年を越える歴史を有し、薬師寺(奈良市)の復興工事を一手に引き受けるなど「寺社仏閣の池田」という名で全国に知れ渡っている。 古賀智道社長に、新生・池田建設の現況や成長に向けた戦略などについて伺った。
取材・構成/日刊建設工業新聞

“新生・池田建設”

(株)ZENホールディングスは、不動産から建設、生活支援まで、住まいや暮らしにかかわるサービスを総合的に提供する企業グループの持ち株会社。昨年3月、完全子会社化に先駆け池田建設と資本業務提携を締結し、傘下に加えた。その年ZENグループは、2015年までの「第二創世中期経営計画」を始動。(株)麦島建設(名古屋市昭和区)とならんでZENグループの中核を担うこととなった池田建設にとっても、まさに第二創世のスタートとなった。「この十数年は当社にとって非常に厳しい時代でした。峠を越えた感はありますが、さらに経営体質に磨きをかけ、社会に貢献する堅実で柔軟性のある企業づくりに取り組んでいきます」と古賀社長は気を引き締める。

世界遺産を守り続ける高度な技術

同社の第一の強みは、やはり伝統建築分野。1966年から約半世紀にわたって薬師寺の白鳳伽藍の復興工事を手がけており、そこで腕をふるった一人が稀代の宮大工、西岡常一棟梁だった。

現在は寛永寺黒門(東京都台東区)の保存修復、護国寺月光殿(東京都文京区)の免震修復工事を施工中。

「いずれも国の重要文化財で、既存構造材一つひとつの部位を整理しながら解体し、修復時に元の場所に戻すという緻密さが要求される当社の技術は、関係者から高く評価されています」と誇る。

もう一つの強みは、戦前戦後を通じて長いつきあいのある得意先に恵まれていること。メーカーの中には、特命で同社に工場やオフィスの建築工事を発注する会社もあるという。

得意分野を強化し2015年度300億円受注体制を目指す

また大学、病院、福祉施設関連の施工実績が豊富で、古賀社長も金属加工機械総合メーカー、アマダ(神奈川県伊勢原市)の本社・工場、金沢工業大学(石川県野々市市)の各種施設、二松学舎大学沼南キャンパス(千葉県柏市)などの建設プロジェクトに現場代理人、所長として携わった。

古賀社長は「最近、相次いで大型工事の受注に成功しており、復活の手応えを感じています。得意分野を強化しながら、リニューアルや耐震改修、コンバージョンなどの案件に注視し、2015年に受注量の3倍増を目指しています。全受注量の2割程度を占める土木分野についても、道路をはじめとする都市インフラの耐震補強工事を主なターゲットに受注を確保します。また東日本大震災で被災した東北の復興事業に貢献し、企業の信頼を高めていきます」と中期経営計画の達成に向けた考えを説明。

人材育成に注力!中途・新卒ともに積極採用を展開

あわせて業容拡大のための人材育成の必要性に言及する。(株)ZENホールディングスでは、全グループの新入社員は静岡県熱海市に所有する伊豆山研修センターで入社後1カ月間、合同で研修を受ける。

内容は2時間の座学のほかは“禅”に由来する「ZENグループ」ならではの清掃や耕作などの禅でいう作務。

「研修期間が終わるころには、会社は各人違うけれど連帯感が生まれ、グループ全体で会社の発展に努めようという意識が醸成されます。このような一体感は、以前の池田建設にはありませんでした。ZENグループに入って、刺激を受けたことの一つが心の大切さ、磨き方でした」と古賀社長。

秋には地区ごとにグループ会社の社員、家族を集めた運動会も実施。9月に東京・武蔵野市の井の頭公園で行った関東地区の運動会には900人が参加した。

社員育成にも「1日10軒大八車」という精神修養を重視した理念を採り入れている。これは、大八車に自社の商品を全て乗せて毎日10軒ずつご用聞きするような意識で営業するというZENグループの基本原則。

「一般的にいう飛び込み営業です。勇気のいるつらい仕事ですが、心が鍛えられます。そして様々な商品の中から、お客様のニーズにかなった提案を行い、受注に結びつけば、自信や仕事の喜びも見いだせます」。

内勤、外勤を問わず全社員は一定期間、本支店周辺で、実際に1日10軒を訪問し、潜在顧客を掘り起こしているという。

成長軌道に乗り始めた今後を見据え、人員の増強も図る。毎年10人の新卒を採用するほか、即戦力となるキャリアも随時雇用する方針だ。

【取材後記】
「建設は明日への希望〜PROMISES HOPE FOR TOMORROW」。 これは、1960年に池田建設が国内外の建設会社として、初めて制定したキャッチフレーズで、「建設」の仕事を通して社会に貢献することを表現している。 ZENグループの精神も「社会貢献」「利他・自利」。 理念が共通する企業グループとして再スタートを切った歴史ある池田建設の新たな展開に注目したい。

[了]

会社概要
本社所在地:東京都港区新橋5-13-8新橋ホリイビル
東京本店所在地:東京都墨田区両国1-10-7
設立:1931年5月
資本金:1億円
代表:代表取締役 古賀智道
事業内容:
1.土木建築工事請負
2.土木建築設計、監理及びエンジニアリング
3.都市計画に関する企画、調査、設計
4.経営コンサルティング及び市場調査業務
会社HP:http://www.ikeda-kk.co.jp/

プロフィール
古賀智道(こが・ともみち)
1954年2月9日生まれ
1972年3月池田建設入社
1998年11月本店建築部工事担当部長
2002年3月本店営業部(民間)部長
2003年10月執行役員本店長
2007年4月執行役員第二営業部長
2009年5月取締役第二営営業部長/同年7月取締役東京支店長
2010年1月代表取締役
2011年5月代表取締役社長

※記事中のデータ、人物の所属・役職は掲載当時のものです。

« (株)竹中土木 市川晃央氏| 鉄建建設(株) 太田美鈴さん・今野夏実さん»

建設WALKERエージェント─建設業界、一人で迷っている人へ─専任アドバイザーが転職活動を徹底支援!サイト掲載前の非公開求人情報も豊富です!

薬師寺 大講堂復興工事(平成15年落慶時)

本社棟及びマシンツール・プラザ(株式会社アマダ)

金沢工業大学ライブラリーセンタ(学校法人金沢工業大学)

二松学舎 沼南キャンパス・千葉(学校法人二松学舎)

堀金・穂高地区烏川橋橋梁下部工事(優良表彰) 国交省

全グループ企業が参加して開催された秋の運動会