• HOME
  • 大成基礎設計(株) 国際事業部部長 志賀剛氏
「働く」建設WALKER×日刊建設工業新聞社

2009年9月25日

大成基礎設計株式会社 国際事業部部長

志賀 剛

オリエンタルコンサルタンツを中核とする純粋持ち株会社、ACKグループ傘下の大成基礎設計(株)は9月に、国際事業室を国際事業部に格上げした。“国際事業の拡大”は、ACKグループが掲げる重点戦略の一つ。国際事業部長の志賀剛さんに、地盤工学分野の仕事を職業として選んだいきさつややりがい、そして国際事業の推進という新しい役割に対する意欲などについて伺った。
取材・構成/日刊建設工業新聞

グループ全体の重点戦略“国際事業の拡大”の担い手として、海外経験をベースに技術・知識・ノウハウの基盤整備に全力を挙げる。

大学で地理学を専攻し、土壌と地形の関係を卒論にまとめたという志賀さん。卒業後は、土壌に関する知識を生かせる職場として、地盤調査会社に就職した。

高校生だった1980代後半から、地球環境問題がクローズアップされるようになりました。個人的にも、環境問題に対する関心を深め、大学では環境地理学を専攻しました。

環境地理学は、砂漠化や環境破壊など、地球環境の変動や社会の変化を、様々な角度から総合的、学際的に解明しようとする学問領域です。私自身は古環境という視点で土壌と地形との関係を研究して、卒論にまとめました。

そして土に関する知識を活かせる仕事をしたいと、93年の卒業と同時に地盤調査会社に就職しました。加えて、子どものころに、建設会社で土木工事の現場管理に従事していた父から、『この道路はお父さんが造ったんだよ』とたびたび聞かされていたことも、建設関連の仕事を選んだ理由のきっかけでもありました。

しかし入社から6年後の99年11月。会社の事業環境が悪化したことをきっかけに、大成基礎設計への転職を決意する。

当社は民間の不動産取引に伴う地盤調査の仕事を多く手がけており、最近まで私は土壌の汚染状況などを調査する環境エンジニアリングの仕事に従事していました。
汚染された土地の調査で、最適な調査方法、浄化の方法などを提案してコスト削減、工期短縮を実現し、お客さまに予想以上の満足が得られたと喜ばれたときなどは、非常にうれしく思います。またはじめは小さな仕事でも誠意を持って対応するうちに、継続して仕事をいただいたり、分野がまたがる仕事をいただけたりするようになると、特に大きな達成感が得られます。

大成基礎設計は2007年3月に、ACKグループに仲間入りし、国内有数の建設コンサルタントのオリエンタルコンサルタンツと兄弟会社になった。

オリエンタルコンサルタンツは海外の様々な国で事業を行っておりますし、親会社のACKグループは“国際事業の拡大”を中長期的戦略の大事な柱の一つに据えています。

当社は国内事業を基本とし、国際事業はこれまで単発的でした。しかし、ACKグループの一員となったことで国外のビジネスチャンスが広がり、地盤を得意とする専門コンサルタントとして国際事業を将来の軸に育てようと、昨年2月に海外事業準備室を立ち上げました。

その半年後の8月、オリエンタルコンサルタンツが、国際事業で国内トップだったPCI(パシフィックコンサルタンツインターナショナル)の事業を譲り受けたことによって、ACKグループの国際事業の可能性がさらに広がりました。

当社も翌9月に、海外事業準備室を国際事業室に変更し、その際、私は室長に任命されました。室長に抜てきされたのは過去に油で汚染された地下水を浄化するオマーンでのプロジェクトに携わってきた経験があったからだと思います。この9月からは、国際事業部に改組され、引き続き部長を拝命しました。事業部に格上げされたということは、数字に対する責任も発生しますが、だからこそやりがいも感じています。

国際事業部では現在、オリエンタルコンサルタンツを中心としたグループ内での連携強化、人材育成、外部ネットワークの構築、新規顧客開拓など国際事業の本格展開に向けた基盤整備を進めている。

人の面では海外の発注者・エンジニア・ローカルスタッフと、慣れない状況の中でコミュニケーションをとって事業を進める意欲のある人材が必要ですが、当社には、国際事業の機会が少なかったため、海外での仕事に対応できる人材育成は一番の課題です。

外部からの人材確保も視野に入れ、国際的に通用する人材を育てていくつもりです。当面の国際事業は、オリエンタルコンサルタンツが手がけるプロジェクトの中で、当社の専門技術を生かし、ノウハウや経験を蓄積することが中心になるでしょう。

ただ、ACKグループの事業拡大に貢献していくには、単独でも仕事を受注できる力をつけることが重要で、中長期的な目標です。最初は小規模の仕事でも、そこで信頼を獲得し、間口を広げていきたいと考えています

[了]

志賀 剛(しが・つよし)1970年東京都生まれ。1993年東京都立大学理学部地理学科卒業。1993年〜1999年地盤調査会社に勤務。1999年11月大成基礎設計(株)に転職、現在にいたる。同社での主な担当プロジェクトに都内某工場跡地土壌汚染対策工事、オマーン国地下水汚染調査・対策などがある。

※記事中のデータ、人物の所属・役職は掲載当時のものです。

« 前田建設工業(株) 森泉尚之氏 | (株)安井建築設計事務所 熊谷 泰彦氏 »

建設WALKERエージェント─建設業界、一人で迷っている人へ─専任アドバイザーが転職活動を徹底支援!サイト掲載前の非公開求人情報も豊富です!

オマーンにて現地の技術者に指導

砂漠の井戸をチェック中

現地試験の経過を説明する

会議にてプレゼンを行う志賀氏

感謝の印として記念品を贈呈される