• HOME
  • 前田建設工業(株) 『the SOHO』副所長 森泉尚之氏
「働く」建設WALKER×日刊建設工業新聞社

2009年8月21日

前田建設工業株式会社 『the SOHO』副所長

森泉 尚之

建築や土木を仕事に選んだ人の多くに共通するのは、子どものころから、ものをつくるのが好きだったということ。前田建設工業株式会社 東京支店の森泉尚之さんも、幼少年期の遊びといえば、砂いじりや積み木、レゴ、プラモデルだった。中高生になると、漠然ではあったが「何かしらものをつくる仕事に就きたい」という将来像を描いていた森泉さんに建設業の魅力を伺った。
取材・構成/日刊建設工業新聞

東京・青海で建設中の世界最大級のSOHOビルプロジェクト。
森泉さんは副所長として、内外装デザイン、ディテールにこだわったこのビルの施工に携わる。

森泉さんは現在、東京・臨海副都心の青海で同社の設計施工で建設が進められている「(仮称)青海シーサイドプロジェクト」作業所の副所長。
同ビルは、世界最大級のSOHOビルで、入居者はキッチンやトイレ、ユニットシャワーなどを備えた33平方メートル〜120平方メートルの374区画の中から、業務スタイルに応じたオフィスを選ぶことができる。
構造・規模は鉄筋コンクリート造地下1階・地上13階建て、塔屋1階、延べ床面積約2万8200平方メートル。

「施主はグループ会社の正友地所が出資する合同会社で、事業の成功は当社にとっても至上命題。このビルに入居すること自体が利用者のステータスとなるよう、内外装のデザインに徹底的にこだわり、付加価値を高めるディテールを追求しています。そのため、デザイナーと何度も打合せを重ね、細部に至るまで最終形を詰めてから工事に入ります。」

建築デザインディレクション&インテリアデザインには片山正通氏(ワンダーウォール)が参画。外観は、ブリック・タイルを黒く塗装し、ニューヨークにあるれんが張りの古い建物を改修したイメージを表現する一方、中央の吹き抜けを囲む形で配置されたSOHOの外廊下側の壁には多様な色彩を採用し、アクティブで斬新なオフィスビルを演出している。
いまは、1階のエントランスロビーや最上階のスパ、バーラウンジなど共用部分のデザインを詰めている段階。進捗率は約70%で、来年1月末の引き渡し、同年4月のオープンが予定されている。

建築は一品生産。一つの場所に一つしかない建物をつくるところに、建築のおもしろさがある。

森泉さんは大学で建築デザインを専攻。当初は設計志望だったが、配属先の建設現場で、施工に携わる面白さに魅せられた結果、92年の入社以来、現場一筋でキャリアを磨いてきた。
東京、千葉、茨城、神奈川、山梨、福岡で超高層マンション、製鉄所、ゴミ処理場、研究施設、大型再開発など様々なプロジェクトを経験。
01年10月に結婚し、05年12月と09年3月に生まれた2人の娘がいる。長女は建設現場を見ると、もうすでに父親の仕事だとわかるそぶりを見せるそうだ。
建築の魅力について森泉さんはこう語る。

「建築は、お客様のニーズを具現化した、一つの場所に一つしかないものです。一品生産のため、場所や用途、お客様によって、全く異なる建物ができます。経験や技術開発の状況によって、作り方もかわります。中でも、鉄骨造の建物は、計画が緻密(ちみつ)で、外壁もガラスカーテンウォールとするなど難しい工事になりますが、刺激があって面白いですね。鉄筋コンクリート造のマンションも、時代時代を反映した内外装に加え、エンドユーザーからのオプションや間取り変更などの要望も増えており、複雑な半面、変化のある工事を経験できます。」

現場所長になって、自分の責任の下で建物をつくりたい。

当面の目標について尋ねると、「一刻も早く所長になりたい」という返事。

「この現場では所長(湯田嘉門所長)から、予算管理、施主との追加交渉、協力業者の選定、折衝などのノウハウを教えてもらっています。ここでの経験を生かし、自分が親分になって建物を造りたいという気持ちがあります。会社からお金を預かり、部下を抱えて仕事をするのだから、当然、責任も増えるけれど、それに勝るやりがいがあるはずです。」

[了]

青海シーサイドプロジェクト建設工事現場全景

【青海シーサイドプロジェクト『the SOHO』概要】
所在地:東京都江東区青海二丁目56-5(地番)
交通:ゆりかもめ「船の科学館」駅徒歩4分、「テレコムセンター」駅徒歩5分
敷地面積:5,150平方メートル
建築延床面積:28,166.94平方メートル
用途: 店舗、事務所(賃貸)
共用施設:フィットネス、露天風呂(スパ)、バーラウンジ、屋上テラス、トランクルーム、ミーティングルーム(予定)、1Fにカフェ、コンビニエンスストア出店予定
構造・規模: 鉄筋コンクリート造、地上13階地下1階建て
完成時期:2010年1月下旬予定
入居時期:2010年3月下旬予定
http://www.aomi-project.com/

※記事中のデータ、人物の所属・役職は掲載当時のものです。

« 清水建設(株) 矢野太己氏 | 大成基礎設計(株) 志賀剛氏 »

建設WALKERエージェント─建設業界、一人で迷っている人へ─専任アドバイザーが転職活動を徹底支援!サイト掲載前の非公開求人情報も豊富です!

スケルトン渡しとなるSOHO

吹き抜けを囲むように配置されたSOHOの色彩豊かな外廊下

エントランスのイメージ

ロビーのイメージ

屋上から見た青海シーサイドプロジェクトのイメージ

森泉尚之 (もりいずみ・なおゆき)
昭和45年1月26日、千葉県生まれ。1992年日本大学理工学部海洋建築工学科卒、前田建設工業株式会社入社
【東関東支店】
1992 八千代ゆりのき台ライフタワー
1993 トーアスチール鹿島製造所建設
【横浜支店】
1994 峡南衛生組合ごみ処理施設更新工事
1996 カヤバ相模原研究棟増築工事
1996 綾瀬ケアハウス長寿新築工事
【東京支店】
1998 シャレ中野新築工事
1999 セザールプラザ東村山新築工事
【九州支店】
2000 室町一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
【東京支店】
2003 ライオンズタワー月島新築工事
2005 ヴェロックス赤坂通り開発新築工事
2007 青海シーサイドプロジェクト新築工事