職種辞典

設備保守・点検

建物だって健康診断が必要です

エアコンなどの空調や給湯室や流しなどの給排水設備、トイレなどの衛生設備に消火器やスプリンクラーなどの防災設備、エレベーターや自動ドア、警備防犯など、なくてはならない設備をいつでも安全で安心、快適に使用できるよう見回り、トラブルの発生を先回りして防ぐ。いわば、建物設備専門のドクター。人々の生活を守る縁の下の力持ち。裏方だけどコツコツやれる職人肌の人に最適だ。

有利な資格
電気工事施工管理技士(一級・二級)、電気工事士(第1種・第2種)、
電気主任技術者(1種〜3種)、建築設備士、
電気通信主任技術者、消防設備士(甲種・乙種)、
技術士/電気・通信等
無料会員登録

建設WALKERに会員登録すると、様々なサービスが受けられます!登録は無料です!

もっと詳しく
専門の転職アドバイザーに相談! 転職アドバイザーへ相談
待ちの姿勢でスカウトを狙う! スカウト登録