職種辞典

建築設備機器メーカー

世代を超え、家族ぐるみでお付き合い。地域密着型のスペシャリスト

空調・衛生・給排水・電気から昇降機、防災など、まで、各種設備の製品やシステムの据付、試運転、引渡しまで。自社で扱う設備機器の設置工事をトータルでマネジメント。それぞれの専門知識が必要になる分野も多く、一生モノの技術を会得し、市場価値の高いあるスペシャリストが目指せる仕事だ。具体的には、依頼を受けたゼネコン・サブコンとの打ち合わせ、技術的アドバイスにはじまり、工事全般の品質・安全・予算・工程・工期などの管理を担当する。新築工事のほか、最近では築年数が経ったビル・集合住宅の大規模リニューアル工事に伴う各種設備の交換等が増えている時代を背景に、人材のニーズも高くなっている。

有利な資格
管工事施工管理技士(一級・二級)、電気工事施工管理技士(一級・二級)、
電気工事士(第1種・第2種)、建築設備士、電気通信主任技術者、
消防設備士(甲種・乙種)、等
無料会員登録

建設WALKERに会員登録すると、様々なサービスが受けられます!登録は無料です!

もっと詳しく
専門の転職アドバイザーに相談! 転職アドバイザーへ相談
待ちの姿勢でスカウトを狙う! スカウト登録